読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年のSEOについて初心者が本気で考えてみる

SEOについて無知の男が考える2017年のSEOについて殴り書くブログです。思ったこと、考えを語るので間違ってることありましたら先輩方ご教示お願いします。

太文字で強調するときの注意【strongタグ bタグ】

初心者なりに頑張って記事を書いてますがなかなかアクセスが・・・ まぁまだ3記事目ですからね、これからこれから!(自分を奮い立たす声)

 

ということで今回は記事を書くときに強調したい文章やフレーズを使いたいときの注意です。

 

strongは強調したいことを主張

ブログによっては太文字を使うと自動的にstrongタグを使用している場合があります。

手打ちする時は <strong>文字</strong> のように使います。

 

これは太文字にすると同時に、そのフレーズやキーワードを見ている人とクローラーにもその文字をアピールしていることになります。

 

つまりstrongタグはSEO上、意味のあるタグとなります。

 

bタグは見た目の強調

一方でbタグは単純に記事の文章中でキーワードやフレーズを際立たせたいときに使います。

手打ちするときは<b>文字</b>といった感じですね。

 

 

ブログサービスによってタグが違う可能性も

みなさんがお使いのブログサービスやプラグインによってテキスト上は太文字で表していてもstrongタグを使っているパターンと、bタグを使っているパターンがあります。

一度、お使いのブログサービスを確認しておいた方が良いでしょう。(てか確認しましょう!)

 

 

もしかしたら意図していないテキストをstrongタグで囲ってしまっている可能性があります。

 

例えば記事中で会話形式を使いたいときに、

 

なんでやねんっ!!

 

とただ見た目を強調しただけのつもりがstrongタグでクローラーに意味のないキーワードをアピールしてしまっている可能性もあります。

 

Googleアルゴリズムが変わり、こういった使い方をすると、意味のないどころか、ブログの評価を下げてしまう可能性もあります。

Googleアルゴリズムについてはこちらでも書いてます。

 2017年Googleアルゴリズム変更ついにきた - 2017年のSEOについて初心者が本気で考えてみる

 

まとめ

strongタグは見た目もSEO的にも強調

bタグは見た目上の強調

 

こんな感じです。

今一度お使いのタグをチェックして楽しいアイデンティティー溢れる記事を書いてみてください。(偉そうですみません)

 

 

【追加】

先日、初めてユーザー様にはてブして頂けました♪ありがとうございます!はてブなど非常に励みになります。今後ともよろしくお願いします。